スプレッドとは?

FX(外国為替証拠金取引)のスプレッドとは、異なる外国為替間の買値と売値の差分のことです。この差分が狭ければ狭いほど1回の取引で利益を挙げ易く有利になります。特にデイトレードやスキャルピングのような短期売買にはスプレッドの狭さは非常に重要な問題になってきます。

FXの取引コスト

FXでは取引コストとして取引手数料だけではなくスプレッドが存在します。1回の外為投資で取引手数料と規定のスプレッドがFX会社に支払う必要があります。FX会社の多くは、売買手数料を引き下げていて、売買手数料が無料のFX会社も多く、最近のFXブームに併せて、一般個人にもFX投資の敷居を低くしています。その反面スプレッドはどうでしょうか?スプレッドの狭さに関しては各FX業者間で大きく差があり、短期売買を目的としたトレーダーにとって、スプレッドの狭さはFX会社選びの重要なポイントとなっています。FX会社ではスプレッドよりもスワップポイントや取引機能の利便性をアピールしているFX会社は、中長期のスイングトレードを行うときに非常にメリットになりますが、デイトレードやスキャルピングのように短期売買を目的としたFX取引では取引手数料だけでなくスプレッドも重要になってきます。

売買手数料

取引コストには売買手数料とスプレッドがあります。売買手数料はその名の通り、FX取引を行う際の手数料です。例えば、買い注文で手数料がかかり、そのポジション(買い、または売りの注文を行った状態)を決済する際にも手数料がかかります。これらをそれぞれ「片道」と呼び、記載されている手数料は片道分を表し、実際に1回のFX取引では往復分、つまり記載手数料の2倍かかることがありますので、取引手数料をよく確認しましょう。実際には取引手数料は無料のFX会社も多いので売買コストを下げて利益を上げやすくするには、そういった手数料が無料のFX会社を利用すると良いでしょう。

スプレッド

FX取引では売値と買値があります。売値とは「Bid(ビッド)」とも呼ばれ、FX業者がその通貨を投資家に売ってくれる金額です。また買値は「Ask(アスク)」ともいわれ、FX会社がその通貨を投資家から買い取ってくれる金額です。このように為替レートを売値と買値で表現することを2wayプライスと呼びます。スプレッドとは、この買値と売値の差分のことを指します。決済通貨が円の場合は単位が「銭」で表現されますが、円以外の決済通貨の場合は「pips」という単位が使用されます。スプレッドは投資家が負担しますのでスプレッドが狭ければ狭いほど投資家の負担が少なくなります。デイトレードなどの短期売買の取引が多い投資スタイルの場合はスプレッドの幅に注目してFX会社を選びましょう。